症状

五十肩は50歳台を中心に肩関節の動きが悪くなり、痛みも出現してきます。小さな外傷が誘引になることもありますが、ほとんどの場合特に原因はありません。痛みが強くなると夜中にうずき、睡眠も妨げます。凍結肩、肩関節周囲炎等の呼ばれることもあり、英語ではFrozen Shoulder, Adhesive Capsulitis等の用語が使われます。医学的には最近は凍結肩という用語を使う方向に進んでいます。

五十肩の病態

左図は右肩関節を前方から見たところです。青色で示してあるのは正常な関節包です。十分に余裕、弾力性があります。 一方、オレンジで示してあるのは五十肩をわずらった状態の関節包(正確には関節包靭帯複合体)ですが、弾力性を失い、 短縮しています。その結果肩の動きが悪くなります。また、五十肩になると関節の中に強い炎症が起こるため疼痛、夜間痛、運動時痛を伴います。

正常な状態では関節包は十分な弾力性があり、動きを妨げません。

正常な肩関節:関節包が柔軟性があります。
五十肩の状態:関節包が硬くなっています。

治療

まずは本当に五十肩という診断が正しいのか、適切な診察、検査が重要です。中年で肩が痛くなれば50肩と安易に判断、診断されることがよくあります。適切な診察、検査がなされず間違った診断のもと無意味な治療を長期間続けられ、正しい治療の機会を逃してしまうケースが後を立ちません。正しい診察に基づいて五十肩ということがわかれば、ほとんどの場合は1年から1年半くらいで治ります。わずかに肩の可動域の低下を残すこともありますが、患者が意識するほどのことは稀で、不自由さを自覚するような程度のものではありません。治療は痛みをいかに緩和するかということに視点をおきます。関節内注射、内服、運動療法、物理治療等がその主体になります。

手術治療

ほとんどの場合は手術が必要でないことは上記に示しましたが、障害があまりにも強い場合や社会的に良好な可動域をできるだけ早期に獲得する必要がある場合は手術や徒手的授動術も選択の一つになります。全身麻酔下、あるいは頚部での神経ブロック麻酔による徒手的授動術は歴史的に数十年前から行われており技術的に何ら新しいものでは無く、その限界や合併症は以前からのものと変わりません。このような歴史的背景から徒手的授動術に伴う合併症を避けるために関節鏡視下授動術が発明されました。以下に関節鏡視下授動術を簡単に示します。

五十肩関節鏡視下所見

関節の中は赤くはれ上がっている状態です。赤いひだのようなものが炎症を起こした滑膜です。右肩を後方から見たところです。 右上が上腕骨頭で下が肩甲骨臼蓋

肩関節鏡視下授動術

関節の袋(関節包)を切離しているところです。

関節包切離が終了

関節の一番下の部分の関節包が完全に切離されています。この方法は全周性肩関節包切離術とよばれ、 通常この部分は残して関節包切離する方法が一般的でありましたが、武田らは早くからこの部分の関節包を切離することが効果的 であることを報告しました。ただしこの部分を安全に切離するのは腋窩神経が近いので技術的困難が伴い、経験と解剖の熟知が必要です。 詳しく整形外科月刊誌「Monthly Book Orthopaedics. Vol.19 No.2 ,2006 上肢の関節鏡手術のコツとpitfall」をご参照ください。武田らにより全周性鏡視下授動術の詳細が説明してあります。